僕はプロのグロ漫画家ではありません

(この記事は外国の方向けですが、一応日本語版も書いておきます)

ドイツから「日本に行くのですがあなたのグロマンガはどこで買えますか?」というメールが来ました。

僕は一般書店で買えるような形でグロ漫画を描いていません。「卒業斬首式」や「他殺志願」はあくまで同人誌であり、各300部を刷って完売しており、手元にも印刷した本は一冊も残っていません。まんだらけとか、ヤフオクでたまに出品、販売されることがあるようなので、入手不可能とは言えませんが、もともと500円で売った本にプレミアが付いたりしてあんましおすすめは出来ませんね。

そもそもあのような作品はなかなか商業誌では描けませんので、あくまで趣味の範疇で描いたものです。日本でもあれが商業誌に載ったと勘違いされている方がいますが、それは事実と異なります。

斬首エロは大好きですが、それを仕事にしているわけではないということを一応ここで表明しておきたいと思います。

“僕はプロのグロ漫画家ではありません” への2件の返信

コメントを残す