POV-Rayで作ったアニメーション

2000年頃にPOV-Rayで作成したものを再レンダリング。
どーでもいいような動画だけど、モデリングツールを一切使っていない。学校机をテキストで定義し、それを読み込んで配置、鉄球の動きは横方向が等速運動、机の端に来たら重力加速度に応じて位置を計算。床に達したら反発係数を掛けて上下方向を逆転。という、ごく基礎的な物理シミュレーションを行っている(笑)。

ソースファイル: Gravity.zip

Gravity.zipの中身は

  • 机定義ファイル: scdesk.inc
  • シーンファイル: Gravity.POV

POV-RayのRender→Edit Settings/Renderで出たダイアログのCommand line options:に

+A0.2 Sampling_Method=2 +R4 Initial_Frame=0 Final_Frame=120

を記述してレンダリングすれば、連番pngファイルが保存されるので、それをAviUtilとかで30fpsの動画にすれば上のようなものが出来上がります。

なお、2000年当時はマシンパワーが低かったのでラジオシティを使わず、照り返しを表現する補助ライトを使用してレンダリングしたのですが、いまなら楽勝じゃね?と思い、試してみたところ、どうもPOV-Rayでラジオシティ使うと効果が乱数的に変化しちゃって、微妙にコマごとに画面の影部分の表現が変化し、動画にするとやたらフリッカーが生じてしまいました。なので再レンダリングでもラジオシティは不使用です。

外字パレット

外字パレット

外字パレット1.0

漫画用フォントの多くは、漫画でよく使う外字が含まれていますが、それらは収録された文字も文字コードもバラバラで、入力も面倒なものです。なのでよく使う外字を登録しておいて、簡単に入力できるようにしようというプログラムです。なお、実行には.NETフレームワーク4.0以降が必要です。このため、Windows XP SP3が最低限必要なOSとなります。なお、Windows 8.1でしかテストしていません。

外字パレットダウンロード

インストール方法

GaijiPalette.zipというファイルがダウンロードされるので、展開して、INSTALL.EXEを起動してください。

“外字パレット” の続きを読む

FC2Live Comment Talker

icon FC2ライブで作業配信する際に便利なコメント読み上げソフトです。配信中または視聴中に、視聴者のコメントを読み上げます。また、日本語、英語、中国語、韓国語の自動読み分けが可能です。 このプログラムは無償です。著作権は後藤寿庵に帰属します。作者はこのプログラムのバグ、予期せぬ動作によって、使用者になんらかの損害が生じても保障はしません。ご自身の判断でご使用ください。一応、作者は意図的に破壊的動作を組み込んだり、個人情報の収集などを行なっていないと宣言します。 “FC2Live Comment Talker” の続きを読む