POV-Rayで作ったアニメーション

2000年頃にPOV-Rayで作成したものを再レンダリング。
どーでもいいような動画だけど、モデリングツールを一切使っていない。学校机をテキストで定義し、それを読み込んで配置、鉄球の動きは横方向が等速運動、机の端に来たら重力加速度に応じて位置を計算。床に達したら反発係数を掛けて上下方向を逆転。という、ごく基礎的な物理シミュレーションを行っている(笑)。

ソースファイル: Gravity.zip

Gravity.zipの中身は

  • 机定義ファイル: scdesk.inc
  • シーンファイル: Gravity.POV

POV-RayのRender→Edit Settings/Renderで出たダイアログのCommand line options:に

+A0.2 Sampling_Method=2 +R4 Initial_Frame=0 Final_Frame=120

を記述してレンダリングすれば、連番pngファイルが保存されるので、それをAviUtilとかで30fpsの動画にすれば上のようなものが出来上がります。

なお、2000年当時はマシンパワーが低かったのでラジオシティを使わず、照り返しを表現する補助ライトを使用してレンダリングしたのですが、いまなら楽勝じゃね?と思い、試してみたところ、どうもPOV-Rayでラジオシティ使うと効果が乱数的に変化しちゃって、微妙にコマごとに画面の影部分の表現が変化し、動画にするとやたらフリッカーが生じてしまいました。なので再レンダリングでもラジオシティは不使用です。

這いよれ!ニャル子さん11話にアリシアが?

見てたんですが、twitterで話題になるまで全く気づきませんでした。


よく見ると細かいところが違いますね。アリシアは髪の色はブロンドに赤いメッシュが入ってるし。顔に傷のような模様があるし、首は襟で覆って露出してません。とはいえさすがにこれが他の何かのキャラである、または、たまたま本気でなんでもないモブキャラとして作ったとは考えにくいデザインなので、アリシアをちょっと著作権に配慮して改造した物なのでしょう(笑)。
もちろん僕の方に事前になにか連絡をいただくこともなかったので、このアリシアっぽいものが、アリシアであるかどうかは厳密には不明です。

せっかくなので宣伝しとこう。

「アリシア・Y」電子書籍版、漫画onWeb、Gumroad他で販売中です。

RETAS STUDIOのお試し版

コミケのスペースに大量のチラシと一緒に配られていたセルシスのDVD、ComimcStudioEX, IllustStudio, RETAS STUDIOが180日間使える。半年使えるとは太っ腹である。コミスやイラスタは持ってるのでいらないのだが、RETUS STUDIOは古い RETAS Lite Debutしか持ってなかったので動画作成ソフトのSTYLOSの使い勝手を試すためにインストール。コミスタの鉛筆ツールのような操作感を期待したのだがそのへんは結構微妙。

とりあえずお約束の走りアニメを

うーむ。Safari以外だと動画のループが上手く動作しない…

少年帝国のアニメ(試作)

前に公開した気もするけど。ちょっと実験。