二次創作ガイドライン

後藤寿庵の作品を使用した二次創作に関するガイドラインを書いておきます。ほぼ需要はないと思いますが(笑)

ガイドライン作成意図

  1. TPP参加等、将来の状況により、日本国内で著作権法違反が非親告罪化された場合、著作権者が二次創作を歓迎していても同人サークルなどが検挙され、懲役刑や罰金刑に処される可能性があります。それを避けるために、あらかじめ私の作品に関して二次創作同人誌の作成を許可する旨宣言しておきます。マイナー作家である私の宣言では同人界に全く影響をあたえることはできないと思いますが、このような動きがより多くの作家の方々、出版社等に広まることを望みます。

定義

  1. 二次創作作品
    ここで言う二次創作作品とは、私の作品に登場するキャラクターや設定、セリフなどを使用して新たに創作された作品を指します。アニメーション、漫画、小説、実写作品等、媒体、形式は問いません。
  2. 同人作品
    同人作品とは、個人又は法人格を有しない団体(サークル)が趣味もしくは趣味の延長で作成する作品を指します。作品頒布に伴う収入の有無、その多寡に関しては問題にしません。
  3. 商業作品
    ここで言う商業作品とは、制作、頒布の主体が法人である作品を指します。同人作品を買い取るなどして再編集し、商業出版する場合も商業作品とみなします。また、非営利法人が作成あるいは頒布する場合も商業作品とみなします。

ガイドライン

  1. 私の作品を利用した二次創作作品を作成、頒布する際、それが同人作品である限り、申告の必要はなく、無償で使用することができます。ただし、元作品の画像を電子的方法や光学的方法で複写したものを頒布することは原則として禁止します。手描きによる模写もしくは、手書きによるトレスは許可しますが、できるだけ独自性を出すようにしてください。
  2. 私の作品中に、私自身が著作権を持たない作品のキャラクターがパロディなどの表現として描かれている場合、その部分を使用した二次創作作品に関しては、私の許可にかかわらず著作権法違反に問われる可能性があります。
  3. 商業作品として私の作品の二次創作を行う場合について、このガイドラインでは言及しません。原作としての扱いであるなら適切な契約を、パロディ、モブシーンへの引用等、小さなネタとしての使用なら連絡の必要はないでしょう。法的に問題が起きそうな場合は連絡をいただければ検討します。
  4. 私がWebサイト上でクリエイティブ・コモンズのライセンスで公開した作品に関しては、上記のガイドラインよりCCライセンスが優先されます。

 

コメントを残す